雅子様もお気に入り。天才ピアニスト「キース・ジャレット」

前回の投稿で使った教室入口の梅の花が満開になりました。春の足音もすぐ近くまで来た感じです。花もきれいですが額縁の写真誰だかおわかりですか?腰を上げてピアノ弾いてるところから推測すればクラシックの方ではありませんね。はい、正解は~ジャズピアニストの「キース・ジャレット」です。全くの即興ソロピアノコンサートで気持ちが高まってくると立ち上がったり声を発したりする彼独特の音楽世界です。人によっては独学でやってきたからだろう?などと言う方もおられますが、いえいえ小さいころから基礎を学びジュリアード音楽院にも在籍した逸材で、クラシックピアノ、教会オルガン、チェンバロまでこなす天才肌のピアニストです。クラシックアルバムも出しています。音楽性も多様でジャズは勿論、前衛音楽、フォークチックな曲、全くの即興ピアノまで多彩な演奏で沢山のファンに愛されています。まだお聴きになったことがないという方、特にピアノを習っている方、ピアノサウンドが好きは方は是非一度聴いてみてくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です